学校案内

School Guidance

学院長メッセージ

横浜システム工学院専門学校 学院長 杉山勝巳

横浜システム工学院専門学校
学院長 杉山 勝巳

AI共生時代に活躍できる人材育成に向けて

2020年の東京オリンピック・パラリンピックを控え、情報化社会はAI(人工知能)共生時代へとパラダイムシフトしつつあります。その変化により、2045年までに従来の職業の半分は、AIにより自動化され、人の手を離れてゆくと言われています。この変化を乗り越え、AIに代替され難い仕事や新たに生まれる仕事に就くためには、専門力に加えて、問題解決力や創造力、コミュニケーション力、変化対応力などの能力が求められるようになります。

本校では、この変化を乗り越えられる人材の育成をめざして、問題解決に欠かせないIT・AIの基礎から実践力まで、留学生に対しては、グローバルITビジネスの基礎から実践力まで、しっかり身につけられるカリキュラムやシラバスを用意しています。授業は、アクティブラーニングをはじめ、産学連携授業や、産学連携コラボレーション、インターンシップ、先進企業見学などを交えて、楽しみながら学べるようにしています。さらには、グループ実習や発表会などを通してコミュニケーション力も磨けるようにしています。

平成31年度には、「AIサービス活用科」を新設すると共に、既存の「IT・ゲームソフト科」と「ロボット・IoTソフト科」の更なる充実を図り、3学科が連携して、AI共生時代に活躍できる職業実践的情報化人材を育成して参ります。

学校案内のその他ページ