奨学サポート

Scholarship Support

YSEトップ入学案内 / 奨学サポート

あなたの進学を経済面から
バックアップする各種制度です。

目的に応じて利用できる様々な学費サポート制度があります。

1.IT女子特別奨学制度

IT分野をめざす女子学生に対して、特別奨学金を年間60,000円、2年間で120,000円給付します。
ただし、工業専門課程の全日制学科に限ります。

2.自宅外通学サポート制度

自宅からの通学が困難な方が、自宅外のアパート等に賃借し、そこから通学する場合に賃借代補助として毎月20,000円(2年間で480,000円)を給付します。
※ただし、年度途中で自宅に戻った場合はその時点で給付を中止します。

3.県外通学サポート制度

神奈川県、東京都以外から自宅通学をする方には、通学定期代の補助として毎月20,000円を給付します。
※ただし、年度途中に条件の変更があった場合はその時点で給付を中止します。
※8月、3月は除きます。

4.遠距離通学サポート制度

神奈川県、東京都から自宅通学で、1ヶ月あたりの通学定期代が10,000円を超える方には、その超過額を10,000円を限度に給付します
※ただし、年度途中に条件の変更があった場合はその時点で給付を中止します。
※8月、3月は除きます。

5.学費延納制度

1年次後期以降の各期の学費納入について、学費納入額の半額を限度に3ヶ月間延納できる制度です。学費納入期限までに当該納入額の半額以上を納入し、残りを3ヶ月にわたり分納することができます。ただし申請時の修学状況により許可しないことがあります。

【学費延納の条件】

  1. 学費延納を願出る経済的事情があること
  2. 願出時点で、当該学期の学費の半分以上が納入済みで、教材費などに未納がないこと
  3. 申請時までの通算出席率が90%以上であること

6.特待生制度(2年次)

1年次の学業成績、学修態度などを総合的に評価し、極めて優秀な学生を特待生に認定し、下表のとおり特待生奨学金を給付します。ただし、特待生認定後、出席や学修態度不良、成績不振等の理由で認定を取り消すことがあります。なお、当該制度は2年次生のみ適用します。

第1種 奨学生 年間 660,000円 給付
第2種 奨学生 年間 330,000円 給付
第3種 奨学生 年間 160,000円 給付
第4種 奨学生 年間 80,000円 給付

7.高等教育の修学支援新制度

本校は高等教育の修学支援新制度の対象機関です。詳しくは文部科学省のホームページをご参照ください。
文部科学省 高等教育の修学支援新制度
学びたい気持ちを応援します 高等教育の修学支援新制度

入学案内(学費や出願方法など)