IT・ゲームソフト科 全日制/2年 文部科学大臣認定「職業実践専門課程」

YSEトップ学科案内 / IT・ゲームソフト科

IT・ゲームの基礎から実践的スキルを身につけます

ITの仕事で最も一般的なものは、システム開発です。システム開発とは、業務の目的に沿って必要な機能を提供するシステムを作る仕事です。システム開発では、システムエンジニア、プログラマ、ネットワークエンジニア、データベースエンジニアなど、さまざまな職種の人たちが連携するためのプロジェクトを組みます。
本学科では、IT業界でプログラマとして活躍できるように、ITの基礎から実践的なプログラミングまでを学修し、プログラミングスキルを身につけます。そのために、1年次には国家資格である基本情報技術者試験の学修を通じてITの基本を理解しながら、ゲームをテーマにしたプログラミングができるようになります。2年次には、産学連携によるプロジェクトベースの授業を取り入れ、職業実践的なITスキルを身につけます。

IT・ゲームソフト科

めざす職業

  • プログラマ
    プログラム言語やゲームエンジン等を使い、プログラム仕様書に沿ってゲームやソフトウェアを作る仕事をします。正しく動作するかをテストする業務も担います。
  • システムエンジニア
    システムエンジニアは略してSEと呼ばれます。アプリケーションシステムを開発する際に、プログラマの仕事の前工程となるシステムの企画、設計などの業務を担います。
  • ITサービス運用管理者
    システムを運用する仕事です。システムを使いこなすために必要な技術を身につけ、運用からシステム保守、セキュリティ対策などの業務を担います。
  • ネットワークエンジニア
    ネットワークの設計・構築から、運用・管理・サポートに至る業務を担います。

めざす資格

  • 基本情報技術者試験
  • ITパスポート試験
  • Javaプログラミング認定試験
  • Phython3エンジニア認定基礎試験
  • AI検定
  • 実用英語技能検定
資格取得者の声

資格取得者の声

Javaプログラミング認定試験2級


神奈川県立 厚木西高等学校出身

高校一年生の時に、授業でプログラミングを学んだことをきっかけに、プログラマに憧れを持つようになりました。YSEには、体験入学に何回か参加し、楽しかったので入学を決めました。授業では、プログラミングの授業が好きです。実際に自分の打ったプログラムが動くのには感動しました。クラスの雰囲気が良いのとみんなが理解できるように授業を進めているので安心です。資格に関しては、過去問題をたくさん解くことで、合格することができました。プログラミングが苦手な人でも、基礎から教えてもらえるので、安心しています。

カリキュラム

1年次

1年次の前半は、ITの基礎的な知識・技術について学びます。また、現在AIなどの分野で使われているPython言語を使ったプログラムの作り方について修得します。後半からは、ゲームを題材としたプログラミングを身につけます。

科目 科目概要 時間数
コンピュータリテラシ Google Workspaceの学習 36
コンピュータシステム 基本情報技術者試験の過去問演習 72
コンピュータサイエンス 72
ITマネジメント・ストラテジ 72
基本情報演習 72
ゲーム制作基礎 環境構築、簡単なゲーム作成 54
ゲームプログラミング 2Dのゲーム作成 162
Pythonプログラミング Pythonプログラミングの環境構築、CUIプログラム作成 144
データサイエンス基礎 基本的なデータ分析 72
AI基礎 AIの歴史や理論、簡単なAIプログラミング 72
基礎ゼミ 進路希望の決定 36
情報英語基礎Ⅰ ITを学ぶ上で必要になる基礎的な英語の学習 36

2年次

ネットワーク・データベースを利用したシステムの制作方法を身につけます。プログラミングの授業では、Webシステムやゲーム作品を制作します。サーバ・AIなどの最新技術についても学びます。

科目 科目概要 時間数
Webシステム開発基礎 HTML5/CSS3を使ったWebページ作成 72
クライアントサイドアプリ開発 JavaScriptを使った動的なWebページ作成 72
ネットワークサーバー構築 Windows上でLinuxの仮想環境を構築 144
Javaプログラミング 制御構文を用いたプログラム作成 162
サーバーサイドアプリ開発 設計書に基づいたWebシステムを作成、テスト(産学連携) 54
ゲームソフト開発 グループワークによるゲームの企画 155
AIアルゴリズム アルゴリズムについて理解および適切な選択 36
機械学習 機械学習の種類や手法についての理解、プログラム作成 36
ディープラーニング ディープラーニングの種類や手法についての理解、プログラム作成 36
AI・API活用 AIのAPIの使い方についての理解、プログラム作成 36
コミュニケーション技法演習 インタビューやアンケート技法についての理解と情報収集 36
実践ゼミ 決めた進路希望に沿って活動 36
情報英語基礎Ⅱ ITを学ぶ上で必要になる基礎的な英語の理解 36
  • Javaプログラミング
    Javaプログラミングの基本から学び、プログラムの設計から作成、テストまで出来るようになります。
  • 基本情報演習
    経済産業省主催の国家資格である基本情報技術者試験の対策を行います。
  • クライアントサイドアプリ開発
    JavaScriptを使ってブラウザ上で動作するプログラムの制作が出来るようになります。
  • ゲームプログラミング
    PC、スマートフォン、タブレットなどで動作するゲームの開発が出来るようになります。
  • ネットワークサーバー構築
    Linuxの仮想環境上でネットワークの設定やサーバー構築が出来るようになります。
  • Webシステム開発基礎
    HTML5/CSS3を使ってWebページの制作が出来るようになります。

時間割例(2年次/1学期)

Mon Tue Wed Thu Fri
1時限目(9:00~9:45) Webシステム開発基礎a ネットワークサーバー構築a Javaプログラミングa ゲームソフト開発a AIアルゴリズム
2時限目(9:50~10:35)
3時限目(10:40~11:25)
4時限目(11:30~12:15)
5時限目(13:00~13:45) 自由制作 情報基礎英語Ⅱa 自由制作 コミュニケーション技法演習a
6時限目(13:50~14:35) 自由制作 実践ゼミa
7時限目(14:40~15:25)
8時限目(15:30~16:15)

オンライン産学連携授業

在庫管理のWebシステム構築をオンラインで

2年生第3学期の「サーバサイドプログラミングb」の授業は、株式会社アクロイト様との産学連携授業を計画していましたが、今年度はコロナ禍ということもあり、講師の方には自社からGoogle Meetを使ってオンラインでご指導いただき、教室では本校の教員がサポートする体制で実施しました。内容は、在庫管理のWebシステムを構築するプロジェクトを体験するもので、設計書、テスト仕様書、WBS(作業日程を管理するシート)をご提供いただき、プログラミングとテストの工程を行うというものでした。各グループのリーダは、毎回の授業時に進捗状況と問題点をGoogle Classroomで報告し、講師の方からアドバイスいただくかたちで進めました。一つのシステムを共同開発する時に作成したプログラムの管理をするツールの使い方など、初めて学習することも多く、開発作業には苦労も多かったようですが、最終的にはすべての機能を正しく動作させることができました。学生からは、「チーム開発の良いところや現場の緊張感が感じられた」「実務経験を交えて解説していただいたので、現場でどのようにツールなどが使われているかを知ることができた」といった感想があげられました。産学連携授業を通じて貴重な体験ができました。

IT企業3社の協力で、キャリアデザインの授業を実施

工業専門課程の3学科(IT・ゲームソフト科、ロボット・IoTソフト科、AIサービス活用科)では、1年生第4学期の「キャリアデザインⅠd」の授業で、3社のIT企業の方にオンラインによる産学連携授業を行っていただきました。1回目は「IT業界セミナとオンラインコミュニケーション」、2回目は「IT業界の現状」、3回目は「Web説明会・面接での注意事項」というテーマで実施しました。コロナ禍の昨今では、Webを利用したオンライン会社説明会やWeb面接などがスタンダードになりつつあります。学生にとっては、どこにいても参加できる、交通費や移動時間がかからないなどのメリットがあります。企業側にも、個々の学生の表情がよくわかるなどのメリットがあります。オンライン特有の注意事項もあり、例えばインターネット接続環境を確保する、姿勢や表情に気を付ける、背景など参加場所に気を付ける、はっきりと話すようにするなどの点について心掛ける必要があります。本校ではオンライン対策をしっかり行っています。

先輩からのメッセージ

IT・ゲームソフト科 神奈川県立 商工高等学校出身

IT・ゲームソフト科/神奈川県立 商工高等学校出身


もともとゲームやプログラミングに興味を持っていました。高校在学中に校内でYSEの進学ガイダンスがあったことをきっかけに、体験入学に参加し入学を決めました。プログラミングの基本である、Java言語を学んでいますが、パソコンを使って実際にプログラムを書いたりして学べることが、とても楽しいです。休み時間なども友達同士で、ゲームなどの趣味の話ができ、友人も増えました。また、卒業制作では2年間の集大成として、エンドレスランゲームを制作しました。無事に就職も決まり、2年間学んだ知識を活かしてゆきたいと思います。

体験入学・学校見学に参加する

学科紹介

  • IT・ゲームソフト科
  • AIサービス活用科
  • ロボット・IoTソフト科
  • ITライセンス科