横浜システム工学院専門学校

ロボット・IoTソフト科

IT・ゲームソフト科 AIサービス活用科 グローバルITビジネス科 ITライセンス科(通信制)

Department

人工知能(AI)やビッグデータ、音声認識などの技術発展により、ロボットと会話によってコミュニケーションをとりながら、共に生活することも夢ではなくなってきました。
どんなに複雑に見えることも、基礎からしっかり学んでゆけば、理解することができ、実際にプログラムして動かすこともできるようになります。ロボット・IoTソフト科は、すべてのモノがインターネットを通じて繋がる情報化社会で、ロボットや身近な機器を安心して利用できる安全なシステムを開発できる人材を育成します。
ロボット・IoTシステムを開発する上で必要な知識を修得し、学外のロボットコンテストや発表会への参加を通して、先進的ITの現場で使える職業実践力を身につけます。

ページTOPへ

HOME

もどる



Column

IoT:Internet of Things(モノのインターネット)という言葉が、世の中に浸透してきました。
IoTとは、従来インターネットに接続されていなかった身近な家電や産業機器をネットワークで相互に接続することによって制御する仕組みのこと。
ロボットもIoTの一部として、人間とIoTとのインターフェイスとしての役割を担うようになってきました。
人間とロボットが共存し業務を分担することで、業務の効率化や自動化が進んでいます。IoTとロボットを学び、活用できるエンジニアになりましょう。

ページTOPへ

HOME

もどる



授業内容

Webプログラミング

Webサーバ上で動作するプログラムの基礎について学びながら、ネットワークやサーバについての知識も身につけます。

Webプログラミング
ゲーム・ロボットプログラミング

ゲームやロボットで動作するプログラムをビジュアルプログラミングで学びます。

ゲーム・ロボットプログラミング
ネットワークサーバー構築

ネットワーク上で動作するいろいろなサーバー(DNS・Web・メールなど)について知識を深め、インストールと設定の技術を身につけます。

ネットワークサーバー構築
ロボット制御プログラミング

ロボットを制御するために必要なプログラムにはさまざまなものがあり、特徴に応じて使い分けながら学んでゆきます。

ロボット制御プログラミング
センサープログラミング

IoTを実現する上で重要な「センサー」を実際に使いながら、IoTシステムのためのプログラミングについて学びます。

センサープログラミング
スマートロボット・IoTシステム開発

インターネットやクラウドを通して動作するスマートロボット・IoTシステムの開発を、テーマを設定して実践的に学びます。

スマートロボット・IoTシステム開発
郊外学習

IT活用の現場を知るため、東京都大田区にある『羽田クロノゲート』を訪問し、物流におけるIT化をテーマに見学。荷物の仕分け業務を行うフロアは無人化され、全て自動処理で行われていました。IT化をベースとした企業の新しい取り組みや、実際の企業の仕事内容について学ぶ機会となり、学生が自分の将来を考える貴重な経験になりました。

郊外学習
産学連携

YSEは、デジタルコム株式会社とPepperアプリケーションの共同開発を進めています。企画・設計・開発実装からテストまでを学生が手がけ、「Pepper App Challenge 2017」応募作品『笑顔カメラアプリ』として仕上げることができました。

産学連携

ページTOPへ

HOME

もどる



カリキュラム Curriculum

1年次のポイント

ITの基礎からしっかり学び、ロボット制御やIoTに必要な知識を身につけます

ITの基礎的な知識・技術について学びます。ロボットを動かしたり、IoTを活用するためには、データベースやネットワークについての知識も必要です。1年次の後半からは、ゲーム・Web・ロボットだけでなくビッグデータ、AIなどについても学び、幅広い知識を身につけます。ゲーム的な手法「ゲーミフィケーション」を取り入れ、楽しみながら学びます。

履修時期 科目
1

1学期
(4月~6月)
ITリテラシー/コンピュータシステム/データ構造とアルゴリズム/Javaプログラミングa/データ分析基礎a/就職指導a/情報英語基礎Ⅰa/文章作法Ⅰa
2学期
(7月~9月)
データベース技術/ネットワーク技術/システム開発と運用/オブジェクト指向設計/Javaプログラミングb/データ分析基礎b/就職指導b/情報英語基礎Ⅰb/文章作法Ⅰb
3学期
(10月~12月)
情報セキュリティa/ネットワーク・データベース/Javaプログラミングc/ゲーム・ロボットプログラミングa/HTML5・CSS3a/データ分析基礎c/就職指導c/情報英語基礎Ⅰc/文章作法Ⅰc
4学期
(1月~3月)
情報セキュリティb/Javaプログラミングd/ゲーム・ロボットプログラミングb/HTML5・CSS3b/先進情報技術/データ分析基礎d/就職指導d/情報英語基礎Ⅰd/文章作法Ⅰd

2年次のポイント

システムを構築し、実際に動作させるなど、実践的に学びます

ネットワーク・データベースを利用したシステムの制作方法を身につけます。プログラミングの授業では、Webシステムやゲーム作品を制作します。サーバ・IoT・ビッグデータなどの最新技術についても学びます。

履修時期 科目
2

1学期
(4月~6月)
クライアントサイドプログラミングa/ネットワークサーバー構築a/ロボット制御プログラミングa/センサープログラミングa/就職実践a/情報英語基礎Ⅱa/文章作法Ⅱa
2学期
(7月~9月)
クライアントサイドプログラミングb/ネットワークサーバー構築b/ロボット制御プログラミングb/センサープログラミングb/就職実践b/情報英語基礎Ⅱb/文章作法Ⅱb
3学期
(10月~12月)
Webプログラミング/ロボット制御プログラミングc/センサープログラミングc/暗号・認証技術a/創造的思考法a/プロジェクト管理技法a/就職実践c/情報英語基礎Ⅱc/文章作法Ⅱc
4学期
(1月~3月)
スマートロボット・IoTシステム開発/暗号・認証技術b/創造的思考法b/プロジェクト管理技法b/就職実践d/情報英語基礎Ⅱd/文章作法Ⅱd

学科のポイント

ロボット・IoTソフト科のPoint

Point 1 ロボットやIoTを学ぶのに欠かせないITの基本をしっかり身につけます
Point 2 ロボットの頭脳にあたる組込み系コンピュータの基本をしっかり身につけます
Point 3 さまざまな機器から情報を収集するセンサーやIoTの技術が身につきます
Point 4 インターネットを通してモノを利用するアプリケーションが開発できるようになります
Point 5 AIプログラミング言語PythonやJavaなどを使えるようになります

目指す資格

  • ◇ITパスポート試験
  • ◇基本情報技術者試験
  • ◇Javaプログラミング認定試験
  • ◇IoT検定
  • ◇IoT技術検定試験
  • ◇Pythonエンジニア認定基礎試験
  • ◇pythonエンジニア認定データ解析試験

業界を代表する職業

  • ◇IoTエンジニア
  • ◇ロボットソフトウェアエンジニア
  • ◇組込み系エンジニア
  • ◇AIアプリ開発エンジニア

ページTOPへ

HOME

もどる



入学に関する概要

ロボット・IoTソフト科の募集概要

修業年限・募集定員

募集学科 修業年限等 募集定員
ロボット・IoTソフト科 全日制/2年
月~金
9:00~16:05
20名

入学資格

次の条件のいずれかを満たしている方
1. 高等学校、またはこれに準ずる学校を平成31年3月卒業見込の方
2. 高等学校、またはこれに準ずる学校を卒業した方
3. 外国において学校教育における12年の課程を修了した方
4. 文部科学大臣の行う高等学校卒業程度認定試験(旧大学入学資格検定)に合格した方
5. 修業年限が3年の専修学校の高等課程を平成31年3月卒業見込の方
6. 修業年限が3年の専修学校の高等課程を卒業した方


入学方法のご案内

ロボット・IoTソフト科は、次の入学方法があります。出願資格等を確認し、ご自身が最適と思われる入学方法をお選びください。なお、入学に関する詳細は、入学案内を、外国人留学生の方は、外国人留学生入学案内ご覧ください。また、入学に関するご相談は教育広報推進室で随時受付けていますので、ご利用ください。

学校推薦入学

○ 出願資格

高等学校を平成31年3月卒業見込、または平成30年3月卒業の方で学校長の推薦を受けられる方


○ 特典

1.入学選考料免除
2.入学金 80,000円減免

○ 出願書類

1.入学願書(本校所定・写真貼付)
2.学校推薦書(本校所定)
3.調査書(平成31年3月高等学校卒業見込の方)
4.卒業証明書、または卒業証書のコピー(平成30年3月高等学校卒業の方)

○ 選考方法

書類選考・面接




AO入学/AO入学エントリー

○ 出願資格

  • AO入学エントリーを行い、当校のアドミッションポリシー(求める学生像)に認定されて、AO入学資格認定書を交付された方
  • ※AO入学は、「AO入学エントリー」が必要です。

○ 特典

1.入学選考料免除
2.入学金 70,000円減免

○ 出願書類

1.入学願書(本校所定・写真貼付)
2.AO入学資格認定書(本校所定)
3.調査書(平成31年3月高等学校卒業見込の方)
4.卒業証明書、または卒業証書のコピー(高等学校既卒の方)

○ 選考方法

書類選考・面接


○ AO入学エントリー<受付期間・面談日>

エントリー期間:平成30年6月1日~

出願期間   :平成30年8月1日~

AO入学エントリーは、「AO入学エントリーシート」を提出するか、または本校ホームページからエントリーできます。エントリーには入学願書や調査書は必要ありません。


○ AO入学エントリー<認定書交付>

面談・ネット面談・体験入学参加のいずれかを実施後、認定者には「AO入学資格認定書」を交付します。




一般特待生入学

一般特待生試験による成績優秀者を特待生として入学を許可するものです。ただし、平成31年3月高等学校卒業見込の方に限ります。


○ 出願資格

平成31年3月高等学校卒業見込の方


○ 特典

  • 1.入学金 130,000円減免
  • 2.試験の成績により授業料から次の額を減免
    • 第1種:660,000円(授業料全額免除)
    • 第2種:330,000円
    • 第3種:160,000円
    • 第4種:  80,000円
    • ※授業料減免は入学年度のみ適用
    • ※他の入学方法と併願できますが、入学金減免は併用できません
    • ※一般特待生入学と資格特待生入学の両方を利用することはできません

○ 出願書類

  • 1.入学願書(本校所定・写真貼付)
  • 2.特待生申込書(本校所定)
  • 3.調査書

○ 特待生試験日時

平成30年10月1日~平成31年3月25日の期間中に随時。
出願書類を確認し、試験日時をお知らせします。


○ 選考方法

書類選考・面接・一般常識試験・学科試験
※学科試験免除制度あり


○ 学科試験に関して

国語総合(古文・漢文を除く)、または数学Ⅰ及び数学Aのうち、いずれか一方を選択していただきます。

ただし、一般特待生入学試験の学科試験免除事由1・2のいずれかに該当する方は学科試験を免除します。
※「特待生入学申込書」の裏面に記入してください。


1.本校が推奨する以下のいずれかの検定試験に合格している。

  • 情報処理検定3級(全国商業高等学校協会、文部科学省後援)
  • 情報技術検定3級(全国商業高等学校長協会、文部科学省後援)
  • デジタル技術検定3級(国際文化カレッジ、文部科学省後援)
  • 情報検定/情報システム試験,情報活用試験3級,情報デザイン試験上級(職業教育・キャリア教育財団、文部科学省後援)
  • ビジネス能力検定ジョブパス3級(職業教育・キャリア教育財団、文部科学省後援)
  • 日商簿記検定試験3級(日本商工会議所)
  • 実用英語技能検定3級(日本英語検定協会、文部科学省後援)
  • 日本漢字能力検定3級(日本漢字能力検定協会)
  • 実用数学技能検定3級(日本数学検定協会、文部科学省後援)

2.生徒会活動・部活動またはボランティア活動等で大きな成果をあげている。




資格特待生入学

本校の推奨する資格を有する者に対して行う特待生試験に合格した方を特待生として入学を許可するものです。ただし、平成31年3月高等学校卒業見込の方に限ります。


○ 出願資格

  • 平成31年3月高等学校卒業見込の方で、本校の推奨する資格を有する方
    • 第1種:基本情報技術者試験合格
    • 第2種:情報セキュリティマネジメント試験合格
    • 第3種:ITパスポート試験合格
    • 第4種:本校が推奨するいずれかの検定試験の準2級以上合格

○ 特典

  • 1.入学金 130,000円減免
  • 2.授業料より次の額を減免
    • 第1種:660,000円(授業料全額免除)
    • 第2種:330,000円
    • 第3種:160,000円
    • 第4種:  80,000円
    • ※授業料減免は入学年度のみ適用
    • ※他の入学方法と併願できますが、入学金減免は併用できません
    • ※一般特待生入学と資格特待生入学の両方を利用することはできません

○ 出願書類

  • 1.入学願書(本校所定・写真貼付)
  • 2.特待生申込書(本校所定)
  • 3.調査書
  • 4.資格試験合格証のコピー

○ 特待生試験日時

平成30年10月1日~平成31年3月25日の期間の随時。
出願書類を確認し、試験日時をお知らせします。


○ 選考方法

書類選考・面接・一般常識試験




家族紹介入学

○ 出願資格

家族が本校の在校生、または卒業生の方


○ 特典

1.入学選考料免除
2.入学金免除

○ 出願書類

1.入学願書(本校所定・写真貼付)
2.紹介状(本校所定)
3.調査書(平成31年3月高等学校卒業見込の方)
4.卒業証明書、または卒業証書のコピー(高等学校既卒の方)

○ 選考方法

書類選考・面接




一般紹介入学

○ 出願資格

本校の在校生、または卒業生の紹介を受けられる方


○ 特典

入学金 50,000円減免


○ 出願書類

1.入学願書(本校所定・写真貼付)
2.紹介状(本校所定)
3.調査書(平成31年3月高等学校卒業見込の方)
4.卒業証明書、または卒業証書のコピー(高等学校既卒の方)

○ 選考方法

書類選考・面接




大学卒特別入学

○ 出願資格

大学を卒業した方、または平成31年3月卒業見込の方


○ 特典

  • 1.入学選考料免除
  • 2.入学金 130,000円減免
  • 3.授業料 100,000円減免(入学年度のみ適用)

○ 出願書類

  • 1.入学願書(本校所定・写真貼付)
  • 2.卒業見込証明書(平成31年3月大学卒業見込の方)
  • 3.卒業証明書又は卒業証書のコピー(大学既卒の方)
  • 4.自己推薦書

○ 選考方法

書類選考・面接




自己推薦入学

○ 出願資格

1.短大・高専・専門学校のいずれかを卒業、または平成31年3月卒業見込の方
2.大学・短大・高専・専門学校に1年以上在籍実績がある方
3.高等学校卒業後、1年以上就労実績がある方

○ 特典

入学金 70,000円減免


○ 出願書類

1.入学願書(本校所定・写真貼付)
2.卒業見込証明書(平成31年3月短大・高専・専門学校卒業見込の方)
3.卒業証明書または卒業証書のコピー(短大・高専・専門学校既卒の方)
4.在籍期間証明書(大学・短大・高専・専門学校に1年以上在籍の方)
5.就労実績がわかる書類(高等学校卒業後1年以上就労実績がある方)
6.自己推薦書

○ 選考方法

書類選考・面接




一般入学

○ 出願資格

本校の入学資格があり、上記の入学方法を利用しない方


○ 出願書類

  • 1.入学願書(本校所定・写真貼付)
  • 2.卒業見込証明書(平成31年3月高等学校卒業見込の方)
  • 3.卒業証明書又は卒業証書のコピー(高等学校既卒の方)

○ 選考方法

書類選考・面接




出願~入学許可の流れ

出願書類受付期間

AO出願の方:平成30年8月1日~
高等学校既卒の方:平成29年9月1日~
高等学校卒業見込の方:平成29年10月1日~

出願受付締切日:平成31年3月25日



出  願

出願書類を持参または郵送してください。

選考日時のお知らせ

出願書類を確認し、1週間以内に選考日時をお知らせします。

選考試験

選考日時に所定の選考を行います。
入学方法により選考方法が異なります。

選考結果

1週間以内に選考結果を本人宛にお知らせします。
合格者には、合格通知書入学手続のご案内を送付します。

入学手続

合格通知書発行日より3週間以内に入学手続をしてください。
詳細は、入学手続のご案内でお知らせします。

入学許可

入学手続きが完了した者には、
入学許可証を簡易書留で1週間以内に郵送します。


学費等の納入金について

学 費:学費年額  900,000円
 (前期学費510,000円)
 (後期学費390,000円)
 ※前期学費は施設維持費を含みます。
※入学方法により減免があります。

入学金:180,000円(入学時)
 ※入学方法により免除、減免があります。

その他:学生諸費 12,000円(年額)
 卒業諸費 15,000円(2年次後期)
 ※外国人留学生は、11,000円です。
 教材費等 30,000円(年額概算)
 修学旅行積立金 60,000円(分割納入)

各種奨学サポート

1.IT女子特別奨学制度
 IT分野をめざす女子学生に対して、特別奨学金を年間60,000円、2年間で120,000円給付します。
ただし、工業専門課程のいずれかの学科に合格した方に限ります。

2.自宅外通学サポート制度
 自宅からの通学が困難な方が、自宅外のアパート等を賃借し、そこから通学する場合に賃借代補助として、毎月20,000円(年間240,000円)を給付します。(ただし、年度途中で自宅に戻った場合はその時点で給付を中止します。)
※外国人留学生は、あらかじめ授業料から減免します。

3.特待生制度
 1年次の学業成績、学修態度などを総合的に評価し、きわめて優秀な学生を特待生に認定し、以下のとおり特待生奨学金を給付します。
ただし、特待生認定後、出席や学修態度不良、成績不振等の理由で認定を取消すことがあります。
なお、当該制度は2年次生のみに適用します。

4.授業料減免制度 ※日本人学生のみ
 家庭の経済的事情(住民税非課税世帯)により就学が困難な学生に対して授業料を減免する制度です。
減免額は、書類審査・一般常識試験・面談等により決定します。

5.学費延納制度
 1年次後期以降の各期の学費納入について、学費納入額の半額を限度に3か月間延納できる制度です。学費納入期限までに当該納入額の半額以上を納入し、残りを3か月にわたり分納することができます。ただし、申請時の修学状況により許可しないことがあります。

6.奨学金活用学費特別納入制度 ※日本人学生のみ
 2年間の学費を在学中に毎月分割納入できる制度です。(出願前にご相談ください)
日本学生支援機構の予約奨学生(月額80,000円以上)を申請予定、又は申請中、又は内定している方が利用できます。

ページTOPへ

HOME

もどる



体験入学へゆこう!

ロボット体験
ロボット体験

ロボットを制御するプログラムを作ろう!

プログラムは作ることで分かりやすく学べます。この体験ではロボットソフトを作ることを通してプログラムを学びます。一番学んでほしいのはロボットをソフトで操る楽しさです。


ページTOPへ

HOME

もどる